六角脳枕の効果

六角脳枕の効果

六角脳枕の効果

 

冬に暖房を入れてタイマーをかけて寝るという人は結構いると思います。でも暖房つけっぱなしで寝るって人はいませんよね。これってなぜでしょうか?乾燥するからという意見もあるかと思いますが、もっとシンプルな理由だと眠れないからというのがあります。

 

暖房を入れっぱなしでお布団に入っていると体は布団の中で温まっているのに頭もあったかいということで思っている以上に暑くて不快な温度に感じるものです。暑いと寝苦しくて目が覚めるので眠りにくくなります。頭はすっきりとしている方が、睡眠には寝付きやすくなるということがデータででているそうです。

 

六角脳枕はただ変わった形に凹凸させているわけではないのです。凹凸を作ってそこに保冷材を入れることで頭がひんやりと冷やされて快適な頭寒足熱状態を六角脳枕だけで作りだすことができ、結果として寝つきや良くなるということです。

 

昔から言われていたことって、ただの先人の知恵ということで片づけられていましたが、最近はそういう昔から言われていたことが実に化学的な根拠に証明されていることがわかってきました。頭寒足熱もその一つです。

 

その他にも、快眠測定器を使って六角脳枕で寝てみた結果、優れた安眠構造の仕組みとして良い結果が出て科学的に証明されています。

 

この2つの科学的な結果からわかることは、六角脳枕は根拠のない安眠枕ではなく、根拠のある安眠枕だということです。なので、高級なのに人気なんですね。睡眠で悩んでいる人やぐっすり眠りたい人はぜひ使ってみてはどうでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ