六角脳枕と体重分散

体重を負担する六角脳枕

寝ているときの体重を分散する六角脳枕

 

 

寝ている姿勢というのは、体のどこかだけに重点があったり、長時間同じ姿勢だと体重で圧迫感があります。この体重の重さが変に偏ると体が痛くて眠れません。それに、寝たきりの人によっては褥瘡と言って血液の流れが滞って皮膚炎を起こしてしまうのです。なので、体の重さが程よく分散されるのは安眠に良いだけでなく健康にも大切なのです。

 

そのため、耐圧分散できるマットレスなどもかなり人気です。でも、マットレスは耐圧が分散できるとうたっている商品でも実際に使ってみたら腰が沈み過ぎて逆に体が痛くなった。寝返りがしにくくなった。という感想を見ます。

 

マットレスは本当に良いものを使わないと体が沈みこんでしまうので、体の中でも重い腰と頭が沈みやすく、結果として腰や首のカーブがきつくなってしまうことがあります。逆に硬すぎても体の重みが極端に偏ってしまうので寝るにはしんどいです。こうなっては枕を使っていても首のカーブが保てませんから肩こりも起こりやすいでしょう。

 

今最も注目されているマットレスもあるのですが、それらは10万円オーバーもする本当に高級品ですからなかなか手が出せないので類似品も多く出回っていてそれで間に合わせる人も多いようです。マットレスなので、体が痛くなければそれでも十分かもしれません。

 

でも、枕だけは安価なものと良いものとでは差がわかりやすく大きくでやすいのでぜひ六角脳枕クラスの枕を試して欲しいものです。特に、首や肩こりに悩んでいる人はしばらく使ってみて肩や首のこりを比較してみてください。きっと想像以上に軽くてびっくりするでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ